太陽光発電って導入した方がいい?太陽光発電のメリット

2021年 8月 20日

電気代の節約が行える可能性が高い

太陽光発電を導入すると、自家発電した電気を使用できるようになります。自家発電で電気の消費を賄えるようになれば、電力会社から電気を購入する必要がなくなります。全ての電気を自家発電で賄えない場合でも、ある程度の自家発電が可能であれば電気代の安い電力会社に乗り換えることも可能でしょう。電気代の安い電力会社に乗り換えれば、その分電気代が安くなるので今までよりも生活が楽になるかもしれません。太陽光発電の場合は発電した電気を蓄電できるというメリットもあります。蓄電した電気は残しておくこともできますが、使用する予定がないのであれば電力会社に売電するのも1つの方法です。民間の電力会社だけでなく国の電力会社に売電することも可能でしょう。売電収入を光熱費や水道代に使えば、さらに生活が楽になる可能性が高いと言えます。

災害時も電気が使用できる

災害があると電気が使用できなくなることもありますよね。オール電化の家庭は電気が使えなくなると困るでしょう。また災害時にスマートフォンの充電が少ないと不安になってしまうこともあるかもしれません。太陽光発電を導入していれば貯蓄していた電気を災害時にも使用できます。その貯蓄していた電気を使用すれば、IHコンロや電子レンジ、冷蔵庫などがそのまま使用できるので生活に困りにくいと言えます。会社でも太陽光発電を導入していれば、停電時にもパソコンを使用できるというメリットも得られます。貯蓄していた電気を使って急いでバックアップを取るということも可能でしょう。

太陽光発電を導入したくても、費用が高いとあきらめている人もいます。太陽光発電の価格は低価格化が進んでおり、登場した当初よりもかなり安く導入できるようになりました。